雨漏りは家の寿命を左右する

雨が降ると、どこからともなく雨漏りがしている家は、注意が必要です。雨漏りは木造住宅の構造体にダメージを与えるからです。

木造住宅にとって、雨は大敵であることは周知の事実です。


放っておけば、家の寿命を左右すると言っても過言ではありません。
主な原因としては、やはり屋根材の破損が挙げられます。
長期間メンテナンスを行っていない場合は、一度調査をしましょう。特に天窓や谷樋など、開口部や複雑な構造の場所が屋根にある場合は要注意です。長期間の雨漏りを放置は、周辺の木材が腐朽している場合が考えられます。

腐朽の進行具合や部位によっては家の寿命を大幅に縮め、倒壊の危険もでてきます。

このような場合は、大規模な修繕が必要な可能性もあります。



雨漏りの場所と原因がはっきりしている場合は、自分でも修理することができます。応急処置として、ブルーシートをかぶせるだけでも雨漏りを一時的に止めることができます。
また、日頃から排水溝や樋などの清掃をこまめに行っておきましょう。


ただし、屋根に上る場合は危険が伴いますので、十分に注意して作業しましょう。
原因や場所がはっきりしない場合は、調査が必要です。

この場合は工務店などに依頼し、調査してもらうと良いでしょう。

専門的な作業による修繕が必要な場合は、見積りを作成してもらい検討材料としましょう。

雨漏り情報を厳選して紹介します。

日本は気候的に湿気の多い地域です。

初めてでもわかりやすい、産経ニュース関連情報を紹介しています。

木造住宅を長持ちさせて、快適に住まうためには、屋根の健康状態に注意しておきましょう。